キー君とMちゃんと私

今週1月10日は、ゴールデングローブ賞の授賞式がありましたね。

毎年この時期になると、ゴールデングローブ賞とアカデミー賞がメディアで話題になるけど、映画自体あまり見てないもんだから、今まであまり興味もとりわけなかったんですよ。

だって、子供達が産まれて以来、ゆっくり映画なんて見る時間なかったですから。たとえ子供達が寝たあと時間があったとしても、中年ともなると夫も私も映画なんて見るより早く寝たいっていうほど、最近では体力がなくなってますからねえ。

だから今回ゴールデングローブ賞の授賞式について知ったのも、たまたまネットでニュースを眺めて知っただけでした。そして、朝のコーヒーを飲みながら、ぼーっとNPRの記事を読んでたら、な、なんと!

主演女優賞にミシェル・ヨーが受賞!
そして、あのキー・ホイ・クァンが助演賞を獲得してたんです!

最近の世代は、おそらくピン来ないかもしれませんね。まあ、ミシェル・ヨーは、なにかとカンフー関連映画で名を馳せてるから、その筋に詳しい人は知ってる、アメリカでもまあまあ名の知れた女優さんですよね。

でも、キー・ホイ・クァンは私と同世代で、80年代に洋画に夢中になった世代じゃないと知らないのではないでしょうか。そう、当時洋画好きの間では「キー君」と愛称付けられ、ティーンの間で人気を博したかつてのアイドル子役です。

ほら、あの有名なスピルバーグ監督の名作「インディアナ・ジョーンズ 魔宮の伝説」に出演したアジア人少年。「Indy, I LOVE YOU!」と彼が叫ぶシーンは、あまりにも印象的で、ずっと忘れられないシーンのひとつ。覚えてます?

シンディー・ローパーが主題歌を歌って大ヒットした冒険映画「グーニーズ」で、天才発明少年役を演じたアジア人少年。やんちゃな白人少年達の中でも負けずと劣らず才能を発揮し、彼ら仲間をピンチから救い出す少年、覚えてます?

実は私、このキー君のファンなわけではありませんでした。でも、彼の名前と顔を見ると思い出す事がいくつかあるのです。

まず、「グーニーズ」を観て、あの世界に憧れた思い出です。スクリーン上で観るアメリカという世界。アジア人も白人もみんな仲間で冒険してる多人種の国。ああ、これがアメリカか、、、あんな風に自分も冒険したい!と大きな夢を膨らませた当時の私がいました。

そして、Mちゃん。。。Mちゃんは、子供の頃よく遊んだ近所に住む幼馴染みです。厳密に言うと、私がMちゃんのお友達だったわけではなく、3歳上の姉のお友達でした。でも、小学校へ一緒に登校したり、子供会でよく遊んでもらったり、お家に遊びに行って「うる星やつら」のコミックを借りたり、近所のお習字教室でよくお喋りしたりと、いろいろ彼女との思い出があります。

自分が小学校6年生頃から、洋画(ハリウッド映画)に興味を持ち出したのも、彼女の影響からでした。そう、彼女は当時キー君の大ファンだったんです。よく「いつかキー君に会いに行く!」と目を輝かせてたのを覚えてます。

その後、Mちゃん一家は引っ越し、同じ町内に住むことがなくなり、中学・高校へ進むにつれ、ほとんど会う事もなくりました。そして、彼女は東京で就職したと言う話を姉から聞いて以来、自分の記憶の中から彼女がどんどん消えて行くことになります。

数年前だったでしょうか、姉からMちゃんの訃報が届いたのは。。。まだ40代だったのにね。大人になってから殆ど接点もなく、お互い違う人生を歩んだけど、その訃報を聞いた時は、急に昔の思い出が蘇り、なんだかもの凄く切なくなったんです。

私にキー君を通して、洋画(ハリウッド映画)ついて教えてくれた彼女。アメリカに行きたい!と言ってた彼女。。。私も同じ夢を追いかけ、そして今アメリカにいます。きっとなにかのきっかけで再会してたら、同じように追いかけた夢について語る事もできただろうに。。。結局それもできずに終わってしまった。。。と、やるせない思いに駆られました。

一方、キー君ことキー・ホイ・クァンは、90年代からぱったりとスクリーン上から姿を消す事になります。本人曰く、当時のアメリカにおける俳優業のチャンスは、アジア人顔である自分には殆どなかったのだそう。この30年以上の間、香港映画や台湾テレビに出演したり、武術指導をしたり、香港映画で有名なウォン・カーウァイ監督の下で助監督をしたりと、裏方業に専念してたとの事でした。

いわゆる俳優業の低迷期ですよね。それも長い長い低迷期。某インタビューでも話してましたが、この低迷期はご本人にとってけっこうしんどかったらしいです。裏方の仕事をしながらも、自分の人生において何かが足りないと、俳優業の思いを断ち切れなかったのだそう。

そこで、去年春に全米公開された大ヒット映画「Everything Everywhere All At Once」出演によるカンバックです!そして、今回のゴールデングローブ賞の受賞!

彼の授賞式のスピーチは、もう涙腺大崩壊ものでしたよ。日本でも観れるかわからないけど、一応以下にて動画を貼って置きますね。

キー・ホイ・クァンの30年ぶりのカムバックは、低迷期の長さも凄いですが、アメリカにおける「アジア人中年男」のカムバックという事で、私は特別な思い入れが生まれたんですね。これが白人のおっさんだったら、ここまで感情移入しなかったと思います。

それに、映画で演じてる彼のキャラが、これまた良いんですよー。お調子もんで陽気でいつも笑顔な主人公の夫役なんですが、私がスクリーン上で記憶してたかつてのキー君が、そのまま大人になった錯覚さえ覚えました。笑顔の中にある真の強さというか、そんな感じですね。その上カンフーまでやってパカスカパカスカ爽快に敵をやっつけちゃうから、もうかっこ良すぎて惚れ惚れしてしまいました!

この映画「Everything Everywhere All At Once」の公開は、日本ではどうやら3月のようですね。かなりお勧めです!!!ぜひ機会があったら劇場まで観に行ってみてください。劇場で観た方がぜったい迫力があると思うので!

本当はこの映画自体についても、熱く語りたいのですよ。でも、あまりに記事が長くなるので、それは次のブログ記事で書きたいと思います。

アメリカに夢を追いかけ移住し、アジア系アメリカ人になった自分。
今や中年になり、かつての人生を振り返る事が増えた自分。
とにかくいろいろな事が、この映画で描かれる事と重なります。

天国からMちゃんが、キー君の復活と成功を導いてくれたのかな。。。
そう信じたくて仕方がない今日この頃です。

日本でリリースされた予告編

オリジナル予告編(英語)

自動翻訳機能にセットして観て見てください。上の予告編よりもっと濃い内容です。

町山智浩 映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』2022.04.26【今年ベスト級の面白さ!】

ほぼネタバレしてる内容だけど、なかなか良い説明してくれてるので、まだ観てない人、もしくは観てもよくわからなかった人は、よかったらぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す