日本で選挙不参加の自分が今選挙に参加したい理由

私は日本で投票した事がありません。全く興味がありませんでした。

一方私の父は生前、故郷岩手の地元市会議員さんの後援会でボランティアを熱心にしていたんです。それにもかかわらず、娘の私は全く興味のかけらもなかったんです。逆にそんな父を尊敬するどころか、冷たい目でずっと見ていました。なんでそんな熱くなるの?みたいな冷たい目。

高校卒業後、就職するために田舎を出て千葉に移り住んでも、その政治や社会に対する態度は全く変わりませんでした。だって新聞だって読まなかったですよ。観るテレビだってバラエティやドラマばっかり。本だってアニメ・漫画・イラスト関連、そして英語学習関連くらいでしょうか。

え?典型的な若者だって?そう、政治や社会に興味ないのは私だけじゃなかったんです。同級生だって、会社の同期や先輩だって、そんな話をする人はいないし、関心ある事なんて芸能人についてや恋愛・噂話くらいですよ。まあ、英語とアニメ好きと言えばヲタクみたいな扱いでしたからそんな自分を控えめにしつつ、陰ながらあくびしながら周りの話は聞いてましたがね。

とにかくそんなもんだから、一度たりとも選挙に参加した事がなかったんです。
え?普通でしょ?たいてい若い頃ってそんなもんじゃありません?
つまり若い頃って、自分の事にしか関心ないんですよ。

ところがですね。それから20年以上も経った今、とーっても選挙に参加したい情熱でいっぱいなんです。私を個人的に知ってる友達は知ってると思うけど、とにかく来週(11月3日)に行われる大統領選挙に目が離せません。気になって投票したくて仕方ないんです。

でも私は投票できません。だって市民権ないから。まだアメリカ人じゃないから無理。今回ほど選挙権がない自分を悔やんだ事はありません。だから5ヶ月前に市民権申請をしたんです。でもコロナ渦中でゴタゴタのアメリカ、そんなすんなり事が進むわけじゃありません。だから今回は参加できません。

悔しいです。悔しいから自分ができる事をしてます。キャンペーングッズ買って政治献金したり、自分が運営するコミュニティで情報を控えめに広げたり。そんな事くらいしかできません。

それにしても、あんなに政治に無関心だった私、どうしてここまで変わってしまったのでしょうね?
答えは簡単です。

それは今のアメリカが激しくヤバイからです。

日本在住の読者の皆さんの中で、一般の新聞やテレビでしか情報を得てない方には、少し分かり難いかもしれません。だって、日本のメディアでは偏った報道が見受けられるから。まあ、その辺のツッコミは長くてややこしくなるから今回は言及を避けますが、とにかくこのアメリカ合衆国という国が、今の大統領が再選されてしまったら本当に本当に命に関わるくらいヤバイんですよ。

そんなヤバイ理由なんてここであげたらキリがないです。新型コロナウィルス問題に、経済問題に、人権問題に、とにかくアメリカという国の基盤である民主主義が根底から崩れて始めてる。そんな恐ろしい事が今起こってるんです。

政局は毎日が変化の嵐です。昨日観たニュースの次に今日はまた違う憂鬱なニュース。今の大統領になってからその繰り返しでした。そしてそれが新型コロナウィルスパンデミックになってから、ものすごい速さで続いてます。

まあ、正直に言えば、この20数年で自分がこう突然変わってしまったわけではないです。アメリカに住み始め色々な苦悩を経験するうち徐々に社会と政治に関心が生まれたのは確かです。

アメリカという国を知るうちに、この国に変化をもたらした偉人達についても学びました。そして、日本では全く意識しなかった、いや、むしろ意識できなかった「権利」というものを知り、自分の中の可能性というものを認識するようになりました。私が私であるための権利、つまり人権。その人権を守るために、先人たちは命を張って闘ってきました。闘って闘って闘い尽くして、一歩一歩大きな変化をもたらしてきました。

それがアメリカです。
だからアメリカが好きなんです。
どんなに波乱動乱続きでも、闘う人たちがいて希望を与えてくれるこの国が、私は好きなんです。
なんも特別な才能があるわけでもない凡人の自分に、自分があるがままでいられる大切な家族に巡り合わせてくれたこの国が、私は好きなんです。

そして、なによりも才能にあふれる子供達の未来を考えれば考えるほど、私は先人達のように闘いたいと思うんです。どんなに微力であっても、子供達の未来のために、私が親としてできる事をやりたいのです。だからそのためには投票する事!そう決意しました。

最近観た映画「ヘイト・ユー・ギブ」(原題:The Hate U Give)の劇中で、主人公の父親が主人公を含む子供達にこう叫びます。

You, your brothers, and your mother, are my reasons to live and die.

お前と、お前の兄弟達、そしてお前の母親は、俺が生きるための理由であり、死ぬための理由でもある!(つまり、お前達のために生き、そしてお前達のために死ねる。)

この言葉に大きく頷き感動した自分は、明らかに二十数年前にはありませんでした。子供たちがここまで変えてくれた事に感謝しきれません。

さて、来週の今ごろは選挙結果が出ています。
いったい「希望」となるか、「絶望」となるのか。。。?

コメントを残す