希望に満ちた始まり

バイデンじっちゃんと素敵なファーストレディであるDrジル・バイデンさん

1月20日は大統領就任式でした。アメリカでは朝からその中継生放送が各局で放送されてるくらい重要な国家イベントです。特に今回の就任式は歴史上でも重要なもので、多くの国民が注目してたのではないでしょうか。

実は私、在米生活23年で初めてこの大統領就任式を始まりから終わりまで観たのでした。そう、初めてです!あんなにアメリカ政治や社会の事をあーだこーだ語ってる割りに初めてだったんです。

副大統領カマラさん

だって4年前の大統領就任式なんて言うまでもないじゃないすか。失望と悲しみに暮れてたし育児で忙しかったし、それよりも観る価値なかったですからね。オバマさんの時は今ほど政治に熱心じゃなかったし、たぶん仕事と育児で忙しくて観る時間さえもなかったと思います。そしてブッシュWの1期目は政治にあまり興味なかったし、2期目はこれもまた失望でしたから観たくもなかったんですね。

ところが今回は本当の意味で一生忘れる事がない特別なものでした。このブログやソーシャルメディアで散々語ってたし、友人たちともかなり熱く語り合ってたので、それこそ言うまでもなく45年生きてて一番重要で感慨深い大統領就任式だったんですね。

娘と星条国旗を作り、授業を早く終わらせた息子達と就任式を観ました。

一言で言って、今回の就任式は「希望」そのものでした。

史上最年長の大統領バイデンじっちゃん(←親近感湧いてるんで😆)の熱いスピーチに、史上初の黒人・アジア系で女性の副大統領の誕生と言う事で、アメリカでマイノリティとして生きる身としてとにかく感慨深いものがありました。

もう暗黒の4年は終わったのだ!という安堵感、そしてコロナパンデミックというトンネルの先に光が見えた瞬間とでも言えましょうか。とにかくバイデンじっちゃんとカマラさんが正式に就任して、この一年がやっと始まったという感じでした。

最後に、これは別記事にすれば良いのかもしれませんが、いつまたブログを更新できるかわからないので、ここ数週間で見かけた興味深い記事を紹介しておきます。興味がある方はぜひ読んでみてください。

「トランプが残したカルトの土壌は日本にも。陰謀論垂れ流しに人々は毒されていく」 — Business Insiderより

オウム事件をずっと取材し、陰謀論やカルトに詳しいジャーナリストの江川紹子さんのインタビューです。右派も左派もカルトになりえるという点が興味深かったです。そして、じわじわと陰謀論が広がってる日本も、アメリカの状況は人ごとではないという事を伝えてます。

「米国議会議事堂の暴動〜トランプ弾劾と、バイデン就任式までのカウントダウン」—Wezzyウェブマガジンより

1月6日に起きた前代未聞の議事堂襲撃事件の全貌がまとめてあります。興味ある方はどうぞ。

そして最後に、1月6日に起きた米国国会議事堂襲撃事件が、いかに2001年アメリカ同時多発テロ事件以来の脅威的な大事件なのかを、簡単に説明してるツイートを見つけたので貼っておきます。アメリカの民主主義と歴史背景を知らないと、仮に永田町の国会議事堂が襲撃と同列に考えても、たぶんあまりピンと来ないかもしれません。以下の「9,205人のユーザーがこの話題についてツイートしています」という部分をクリックするとスレッド全部が読めます。

コメントを残す