ドキュメンタリー映画『Being Elmo』(2011)を観た

たまたまNetflixのストリーミングで見かけて、レビューが良かったので観たんですが。。。
もうこの映画は超お勧めです!小さいお子さんを持つ皆さんには特に!

簡単に言うとあのセサミストリートのアイドル、エルモを演じてるマペット操者、ケビン・クラッシュ(Kevin Clash)を追ったドキュメンタリーです。笑いあり涙ありのよく出来たドキュメンタリーでした。ちなみに、ナレーションはあのウーピー・ゴールドバーグがやってます。

ま、「良かった」の一言に加えて、私の感想はですね。。。
最初このケビン・クラッシュがエルモだって知って、正直言ってこんなカンジ。

こんなおっちゃんがエルモなのー?

みたいな? 😆

いや、でもよくよくケビンさん見ると男前だし優しいそう。それに、なぜ彼がマペット操者になったのか、どうしてエルモがここまで人気になったのか、そしてその理由に彼の独創性がいかに関連してるか、その辺を映画で知れば知るほど、ケビンさんがエルモという図は納得してしまうのですよ。今まで知らなかったセサミ・ストリートの生みの親ジム・ヘンソンについても触れてるので、この映画はエルモだけじゃないくて、セサミ・ストリートの歴史にも触れてるように思いました。

それにしても、このおっちゃんの子供達を喜ばせたいっていう情熱はすごい!でも皮肉にもそれが原因で自分の家族を手放すことになった。なんかその辺は私、けっこうウルウル来てしまいました。うちの子達もエルモ大好き。子供達に夢を与え続けてくれて、本当に彼は子供達だけじゃなくて、親達にとってもヒーローだなって。そんな風に思ったのでした。

とにかくまだ観てない方は是非どうぞ!
あれ?日本ではまだ未公開でしょうかね?
うーん、それは非常に残念だ!

Comments are closed.