ドキュメンタリー映画『TO BE TAKEI』を観た

久々の映画鑑賞関連エントリーです。いやホント、子供たちが生まれてから映画なんてもう滅多に観なくなりましたからね。書きたくてもネタがなくて書けないわけですよ。Netflixのストリーミングで観るって言ったって、ほとんどは子供用アニメばっか。もちろん映画館なんてそうそう行けませんしね。そんなわけで、映画からずいぶん遠ざかってた私でしたが、今回クリーブランド国際映画祭のおかげで、やっとちゃんとした上映映画を観ることができました。

そう、それがこれ。

ドキュメンタリー映画『TO BE TAKEI

日本ではおそらく、よっぽどの「スタートレック」ファンでは無い限り、この映画の主人公ジョージ・タケイさんについて知ってる方は少ないでしょうね。私も彼については、アメリカに来てから初めて知ったわけですし、米国在住の日本人さえも知ってる人は少ないくらい。ところがこちらアメリカでは、けっこう有名な日系アメリカ人です。このドキュメンタリー映画はその名の通り、彼の人生をドキュメントした作品であり、あのサンダンス映画祭で公式上映もされた作品です。
続きを読む

ツインズクラブからのお願い

アジアなテーマなギフトバスケット。この他、日本のお菓子バスケットも製作中♪

アジアなテーマなギフトバスケット。この他、日本のお菓子バスケットも製作中♪

あんまりこういうお願い事って得意ではないんですよね。子供たちが生まれるまで、とりわけ非営利団体ってものに熱くなれなかった性分でしたから。しかも、日本にいた時なんかもうえらく淡白で、募金の呼びかけとかも平気でスルーする人でした。ところがアメリカに住み始めて、いろんな非営利団体の人たちと関わるうちに、私の中で何かが少しずつ変わって行ったんですね。あっち側で頑張ってる人たちをよく知るうちに、どんどん心を動かされていったってやつですよ。そして実際ツインズクラブに入会してからは、仲間として暖かく迎えられ、ツインズ育児についていろいろ助けてもらって、自然に自分も何か貢献したいと思うようになりました。そう、つまりいつの間にか、あっち側の人たちになっていたわけです。

ということで、非営利団体に対してあんまり思い入れが無い人にとっては少しウザイかもしれませんが、それを十分理解した上であえて投稿したいと思います。実は6月下旬に私が会員であり、役員を務めさせてもらってるツインズクラブ(Westshore Mothers of Twins)が州大会を主催する事になりました。そこで、州大会で使用するプログラムブックに載せる広告と、大会中行なわれるクジ引き用ギフト(Raffle Baskets & Door Prize)に使うアイテムの寄付を現在募ってます。
続きを読む

第38回クリーブランド国際映画祭

share_fb38_square10日間の開催期間を終え、3月30日に閉幕したクリーブランド国際映画祭(Cleveland International Film Festival)は、今年で38回目になるそうです。今まで観客として時折参加して来たわけですが、今年はなんと通訳として初めて参加して来ました。緊張と不安でいっぱいだった今回の大仕事。結論から言いますと、かなり思い出に残る楽しいひと時でした。特に私は現役から遠ざかってる主婦ですから、毎日の日常からかけ離れた今回の経験はアドベンチャーであり、これからもずっと心に残る貴重な思い出になったと思います。

改めてこうした素晴らしい機会を与えてくださった、依頼主であり映画監督の小野寺昭憲さんに感謝です!そして、小野寺さんと引き合わせてくださったJANOにも感謝ですね!それと一緒に活動してくださった知人にも大感謝!ホント彼女にはずいぶん助けてもらってばかりでした。彼女がいなかったら、どうなってた事か。。。とにかく、皆さんの協力で無事終わった映画祭。やっぱり私は人と関わるのが好きなんだな、そしてなによりも映画が大好きなんだなって、今回の経験でさらに実感したわけです。

映画『特攻志願』(C) Kart Promotion Co.,Ltd.

映画『特攻志願』(C) Kart Promotion Co.,Ltd.

さて、通訳としてお世話させて頂いた映画監督の小野寺昭憲さん。過去にも国内外のいろいろな映画祭で作品が上映されている実力派の若手監督さんです。今回クリーブランド国際映画祭では、彼の短編映画『特攻志願』がコンペ部門でノミネート上映されたとの事で、クリーブランドに短期間滞在されてました。

この短編映画『特攻志願』、映画祭の上映時ではじめて観ましたが、とにかく涙なしには見れない作品です。私は恥ずかしいことに、無知と言って良いほど日本史に疎い人間なので、70年前に実際に起きた悲劇には驚きで言葉が出ませんでした。そして、やっぱり戦争とそれによって起きた悲劇は決して繰り返していけない、そんな風に改めて強く感じた作品でした。日本では未公開ということなので、これから日本でも是非公開され、現代の若者たちにもこの映画のメッセージが伝われば良いなと思います。

そして、これからも世界を舞台に小野寺昭憲さんが大活躍されることを願ってます。もしかしたら、いつの日かアカデミー賞授賞式の舞台で見かける時が来るかも?そんな風に夢を膨らませながら、今後の活躍に期待したいですね。

ツインズクラブ主催のフリマ(2014春・夏セール)

Full-page-Flyer-Spring-2014この時期がやってきましたー。毎年2回開催されるツインズクラブのセールのお知らせです。来週土曜日の3月15日にRocky River Rec Centerで開催されます。
何度もここで告知してるので、詳しいことは過去記事を参考にしてくださいませー。

ホントに今年は冬が長い、長過ぎますよー!もう春・夏セールなんて、どうもしっくり来ません。まだ外は零下だって言うのにね。本当に春はやってくるのでしょうか。そんな風に思いながら、いろいろな雑事に日々追われてます。

それでは皆様、あったかくして良い週末をお過ごしくださーい!

シロクマのオーロラちゃんはいかが?

シロクマのオーロラちゃん。まあまあショットですが、どぞ!

シロクマのオーロラちゃん。まあまあショットですが、どぞ!

1月は調子よくブログを順調に更新してましたが、気が付くと2月も残すところあと1日だけ!
ということで、2月最後の投稿は久々のフリービーです。

いや、何気にバタバタした2月でした。3月もツインズクラブのイベントがやってくるんで、たぶんあんまり更新できそうにないかも。。。それでも息抜きにネット徘徊はしてましたが、そんな時ふとずーっと放置してたFlickrサイトを眺める機会がありました。過去にアップロードした写真の中に、この可愛いらしいシロクマさんを見つけたわけです。

実はこのシロクマさん、去年8月に亡くなったCleveland Metroparks Zooのオーロラちゃん。本当は亡くなったとき、彼女について記事を一筆したかったんですよ。でも、なんやかんやと機会をついつい逃して、結局今に至ったわけです。このオーロラちゃん、と言っても人間で言うとかなりの高齢さんらしい。確かに享年30歳だったかな?

とにかく、彼女はクリーブランドの動物園(Cleveland Metroparks Zoo)で生まれ、何年かアメリカ各地をツアーして、晩年はクリーブランドに戻り私たちを楽しませてくれたべっぴんさんでした。いやホント、この子ったらサービス精神あふれたべっぴんさんでしてね。訪れる度に、演台的岩の上に上がっては観客に挨拶してくれるんですよー。おかげで彼女の写真は今でも私のアーカイブにたくさん残ってます。

だからか、彼女が亡くなったと知ったとき、かなり寂しいものがありました。亡くなって2~3ヶ月は、彼女の演台がぽっかり空っぽのままだったし。子供たちと動物園を訪ねる度に、I miss polar bearなんて言ったりしてね。とにかくシロクマのオーロラちゃんがいないCleveland Metroparks Zooは、今でもしっくり来ないのですよ。

そんなわけで、彼女の輝かしい一生を称えて、ここで写真を配布したいと思います。 続きを読む

Pennsylvania Dutch Mannerの紙ナプキン

ずいぶん前にお気に入りのアンティークショップで見つけたのがこれ。

Pennsylvania Dutch Mannerの紙ナプキン

パッケージ箱の色褪せぶりを見る限り、たぶんヴィンテージものでしょう。そう信じて買いましたが、それだけじゃなく絵柄のデザインに惚れ込んだのが一番の理由ですがね。いつものことですが、買ったときはペンシルヴァニアダッチフォークアート系なんて知りもしませんでした。(文字はよく読まずにヴィジュアルでいつも買い物してしまう癖があるんで。。。汗)


実は、このPennsylvania Dutch Mannerを調べてみたけど、出何処とかバックグラウンドはかなり不明でした。でもいろんなぺンシルヴァニアダッチ情報を見る限り、絵柄デザインがペンシルヴァニア州ランカスターの伝統であるペンシルヴァニアダッチヘックスサインに似てるかも?なんとなく北欧フィークアートを思い起こさせるデザインですよね。ちなみに、ハンドメイドオンラインサイトで有名なEtsyには、いろんなペンシルヴァニアダッチデザイン関連の商品が沢山あって、見ていてとっても楽しくなりますよー。

この紙ナプキン、写真に載せてるデザイン以上にいろんな絵柄デザインが梱包されてありました。それなんで、ただ紙ナプキンで終わらせるのはもったいない!ということで、只今デコパージュに挑戦中です。あまりにもかわいいデザインなんで、後程ゆっくりイラストレーターでヴェクターイラスト化してみたいなと目論み中でもあります。

とにかく、このペンシルヴァニアダッチフォークデザインに出遭って、ますますフォークアートに夢中になりました。特にモダンフォークデザインをモチーフにしたアイテムはステキ!おかげで、pinterest再び!という今日この頃です。

現地日本人コミュを毛嫌いする在米異邦人

関係ないけど、スリフトショップで25セントでゲットしたマグにエアプランツ君。

関係ないけど、スリフトショップで25セントでゲットしたマグにエアプランツ君。

。。。でした、ワタクシ。あら、衝撃告白!(あ、知ってた?笑)
な~んてこんなこと書いたら、逆に日本人コミュから毛嫌いされそうですな~。
でも、あえて書きたい!きっと、私みたいな異邦人がどこかで潜んでるかもしれないから。。。

結論から言いますとね、その毛嫌いは過度な憶測に過ぎなかったんですよ。今は思い切って現地日本人コミュに飛び込んで、いろんな人に出会えて良かったと思ってます。食べず嫌いと同じで、ちょこっと味見してみてわかる醍醐味?とにかく、なんでも試してみないとわからないものだな、と思う今日この頃です。

さて、そんな私ですが、どうしてそんなに毛嫌いしてたのかというと?
それは一言で言ってこれです。

自分に自信が無かった

続きを読む

強い味方!V8野菜ジュース

我が家はLow Sodiumタイプです。

我が家はLow Sodiumタイプです。

子供は野菜嫌いってよく聞くけど、やっぱりうちの子たちもそう。生野菜なんて「Yucky!」って言って食べないし、塩ゆでしたり、マヨネーズやケチャップを添えてもダメ。唯一食べると言ったら、カレーやシチューやクリームスープに混ぜてごまかしたものばかり。とにかく、そのままの形があるとダメみたい。

そんなわけで、思いついたのがこのV8野菜ジュース。もともと2歳くらいから、このV8野菜ジュース、スナック代わりに飲ませてたので野菜摂取に重宝してました。ただ飲むのも良いけど、お料理にも使えたら良いかも?と思い、いろいろ試してみたのがこれら。基本的にホールトマトやケチャップの代用ですね。
続きを読む

一ヶ月の寿命Tidmouth Sheds

トーマス、眉毛ないし〔笑)

トーマス、眉毛ないし〔笑)

一ヶ月の寿命だったので、ここで記録のためメモっておきます。
ワタクシ的にも傑作だったリサイクルDIYだったけど、子供というものは時に残酷ですな~(笑)
一ヶ月で逝ってしまわれました(涙)

機関車トーマスの商品ってなんでも高価ですよね。今子供たちが夢中の木製トレインセット。これには付属品が沢山販売されてますが、どれも高価で我が家では手が出ません。なので、ママは頑張りましたよ。

それが、この空き箱で作ったTidmouth Sheds。 続きを読む

デジタル断捨離してみて感じたこと

新年明けて、お気に入りのインテリアデザインのウェブマガジンで目についたのがこれ。

January Cure

記事を読むと”Cleaning”とか”Decluttering”とか頻繁に出てくるんで、どうやら最近の日本で言う「断捨離」のことなのかな?でも捨てる・片付けるがメインっぽいから「整理整頓」の方が正しいのかも?
日本では家の大掃除って12月だけど、こっちでは長いホリデーシーズン終了後の1月が一般的なんでしょうかね。

とにかく私も年末・年始はクリスマスツリーを片付けながら、再び地下室から子供のおもちゃ箱まで「断捨離」してました。そして今やっとのこと、ずーっと気になってた「デジタル断捨離」も終えたところ。

この「デジタル断捨離」、たぶんウェブサービスやパソコン内のお掃除で、たぶんデバイス&ネット絶ちも含んで意味するのでしょうね。でも私の場合、今まで放置してたウェブサービスのアカウントやコンタクト数を一掃、そしてパソコン内の使ってないソフトウェアをアンインストールする程度で終わりました。

終わってみて凄くすっきり!心機一転でかなり気持ちよいですが、ひとつだけ少し考えてしまいました。 続きを読む