謹賀新年2018年

大晦日のディナーは頑張って、Osso Buco(イタリアの郷土料理オッソブーコで子牛の骨付きスネ肉を使った料理)をオーブンで2時間かけて作りました。トマトと赤ワインがベースです。それにしても、アメリカ人が発音するOsso Bucoって、「遊ぶ子」に聞こえてしまうのですが、それって私だけ?(笑)ちなみに、元旦のディナーはアメリカらしく手作りハンバーガーでした(笑)。

明けましておめでとうございます!
こちらも日本より14時間遅れて新年が明けましたー。

しかっし、寒いですね〜。ホントに半端なく寒いクリーブランド。どうしちゃったのー?って言うくらい、氷点下10℃以下の毎日が続いてます。おまけに、クリスマスからずーっと雪が降っては止んでまた降っての繰り返し。とにかく寒い寒いと言いながら新年を迎えた我が家でした。

一方、去年の秋小学一年になったということで、今回カウントダウンまで頑張って起きていた息子達。「もうカウントダウンまで待てない!あと何時間?」と大晦日の朝から何度も時計を確認しながら言ってたくらい大興奮でした。寝袋をテレビの前に設置してミニキャンプの真似事をしたり、今年は口パクじゃないマライヤ・キャリーの歌に酔いしれながらボードゲームをやったりしてね。この数年早寝で超スルーしてたカウントダウンナイトを家族とまったりと過ごして、なんだか心がほっこりした年末だったわけです。

それにしても、去年はあーっと言う間に終わっちゃいましたね〜。2017年が明けたかと思いきや、あれよあれよとクリスマスがやって来てもう2018年ですよー。とにかく育児に追われて、バタバタ終わったって感じです。

遠過ぎて見え難いけど、裏庭でとーちゃんとソリ滑りを楽しむ息子達。ずっとこればっかりやってます(笑)

とはいえ、精神的にはかなり安定した年でもありました。息子たちや娘の成長に幸せを感じる瞬間が多い一年でもあったかなと。そして、なによりも縁に恵まれた一年でもありました。ここ数年こんなようしゃべるオバハンの相手をしてくれてる愉快な仲間達はもちろんですが、数年ぶりに再び繋がる昔の友人など、とにかく「人との繋がり」が大きかった一年でした。

だから、家族あっての自分はもちろんですが、友人あっての自分だな〜とつくづく思うのであります。特に友達の数が少ない自分は、無理せずに自分らしく(オバハンらしく?笑)振る舞える友人たちに囲まれて幸せだな〜と。そして、確固たるなにかを貫いてると、一度過去に途切れた交流も再び繋がるものなのだな〜と、そんな風に実感した一年でした。

このブログも自己満足と言ってはいるけど、こんな何の変哲もない内容でも読んで下さるそこの「あなた」がいるから書きたくなるわけで、ホント読者あってのブログだな〜とも思います。このしがないブログにいつも足を運んで下さり、皆さんありがとうございます!

とりわけ凄い事をしてるわけじゃない、ただ普通に毎日育児やって、時間ある時は好きな事(WordPress遊びとかヴィンテージ雑貨集めとか)に夢中になる普通のオバハンですが、今年もこのブログ共々どうぞよろしくお願いします!

皆さんにとって、健康で幸ある素敵な一年でありますように!

4 thoughts on “謹賀新年2018年

    • えっちゃん on

      ありがとー!そっちもね~。
      なんか結局雪ばっか降ってお山に引き篭もりやけど、近いうちに遊んでや~~~。

  1. anuhea on

    明けましておめでとうございます〜!今年もよろしくね!ブログも楽しみにしてます。

    • えっちゃん on

      明けましておめでとうございまーす!
      いつも読んでくれてありがとさんです!!!
      コメント頂く度に励まされますよー。
      今年もよろしくお願いしますね!!!

コメントを残す