シングルページテーマ3選の覚書

久しぶりのWordPress関連の記事です。ちょいとギークな話題なので、思いっきりスルーして結構ですよー。

さて、ここ最近よく目にするシングルページのウェブサイト。ずーっと気になってて、時間があるときにちょこちょこ調べてました。しかも自分のポートフォリオサイトとこのブログのアウトデイトさもめっちゃ気になってて、そうだ!シングルページでポートフォリオサイトを作ってみよう!と思いついたのでした。

そこで、そのプロセスのひとつとして、WordPressの無料テーマリポジトリーの中からシングルページテーマをいろいろ試してみたわけです。調べてみるとけっこうありますね~。

まあ、結論から言うと、完全無料で理想機能に適ったものはまずありません。

っていうのも、例えば、使い勝手は良いけど必要な機能が有料サービスだったり、その逆で必要な機能が揃ってるけど使い勝手が悪かったり、はたまたドキュメンテーションがしっかりしてなかったり。。。テーマ作成者の意気込みの違いもあるんで、ある意味テーマも十人十色だな~と思ったのでした。

とにかく前置きが長くなりましたが、数ある中で私的にいいなって思ったテーマ3選について、ちょこっと以下にて覚書してみますね。ちなみに、用途の条件は主に「シンプルな個人ポートフォリオ向け」です。

Latte

あのWP Tavernで紹介されてたので、歴史が浅いテーマだったけど試してみました。WP Tavernの記事にもあるとおり、全ての設定がカスタマイザー上でできるので、使い勝手はすごく良いです。

パラドックススタイルスクロール付きで個人ポートフォリオサイトに最適なのですが、肝心のポートフォリオ機能が有料です。しかも、ドキュメンテーションがオンライン上にないのが少し面倒。もちろん日本語化されてませんし、有料版と無料版のサービス比較情報も開示されてません。まあ、有料版はたったの25ドルなんで、たとえサービス内容が明確でなくても購入する人はいるかもですね。私はお財布の紐が堅いので、そこまでに至りませんでしたが。。。かなりポテンシャルのあるテーマだと思います。

OnePress

後で知ったんだけど、こちらもWP Tavernで紹介されてました。こちらもパラドックススタイルスクロール付き、っていうか、たぶんシングルページテーマの定番になりつつあるのかな?余談になるけど、それくらいこのスタイルは、ほとんどシングルページテーマに付属してました。

とにかくこのテーマ、上のLatte同様に歴史は浅いですが、設定・使いやすさはまあまあかな。あの有名なショッピング機能プラグインWooCommerseのサポート付きなので、個人ポートフォリオサイト向けというより、かなりビジネスサイト向けかもしれません。

ただ、上のLatte同様に肝心のポートフォリオ(=project)機能が有料になってます。また、スタイルカスタマイズは、カスタマイザー上ではミニマムなので、自由自在にスタイル変更をしたいなら有料版を購入するか、子テーマ製作をした方がよさそう。この点では、上記のLatteも一部同じことが言えますがね。

Moesia

実はこのテーマ、今製作中のポートフォリオサイトで導入しました。上記ふたつを試してみた後だったので、設定がシンプルじゃないのが少し気になりました。っていうのも、カスタマイザーのみで処理し切れない細かい設定を実現するために、指定プラグインをインストールしないといけないから。まあ、結果的にはそのおかげで、思い通りに自分の望む機能を設定して表示できると言う点では、仕方ない策なのかなと思いますが、もう少しシンプルでも良いのにな~って思ったりしました。

ちなみに、このテーマの製作者は他にもたくさんテーマを製作しているせいか、ドキュメンテーションとサポートがしっかりしてます。ただ細かいことなんですが、単純なトップナビゲーションのアンカー設定がドキュメンテーションに含まれてないのに疑問。まあ、ドキュメンテーションの使いやすさまで語ったら、また違う分野になってしまうので、あまり深いことは言わない事にしますか(😉)

ポートフォリオ機能も無料提供されてるし、おっされ~なパラドックススタイルスクロール付きだし、とりあえず概ね理想に適ったテーマだったので、シングルページテーマはMoesiaに決定です。これから、のらりくらりと作業を進めるカンジになるけど、頑張ってカスタマズできたらいいな~と。

まとめ

結局は有料で使いやすさを重視するか、機能の豊富さを無料で得られるかのどちらかですね。ある程度WordPressのカスタマイズの経験が豊富な人なら、時間をかけて有料版にある機能を自分で可能にできるわけだから、無料版でも全然気になりませんよね。私もプログラマーではないけど、そういった路線が好きなので、結局は無料提供されてない機能の代わりというものを見つけることができ、なんとか無料版だけで落ち着きました。

やっぱりWordPressは何か不足機能があったり、若干マイナー不具合があったりしても、必ず解決策がなんらかの形で存在するから、カスタマイズが楽しいんだなって。今回いろいろテーマを触ってみて、そんな風に改めて思ったりしました。

最後にかなり余談になりますが、いろいろテーマを試すと、データベース内に設定が残りますよね。たとえ、アドミン画面上で削除しても、設定内容はデータベースに残ります。あれってなんとかならもんかな~と。いろいろ調べてみたけど、なんかMySQLをいじくらないと削除できないんで、なんか不便!早くプラグインみたいに、アドミン画面上で完全削除できるようになって欲しいものですね~。

2 thoughts on “シングルページテーマ3選の覚書

  1. ウェブレイアウトって流行り廃りが早くて作ろうとグダグダしてるうちに
    飽きてしまったり別の方向にすすんだり、はたまた昔風に戻ったり…。
    でも確実に言えるのは元になってるエンジン的なところがよくなってて
    動きが楽しいよね。見てくれる人にストレスなく長く運用できる仕様を
    作りたいと思ってるこの頃です。
    参考になりまする。thanks!!

    • endunham on

      ホントだよねー。10年前なんか、地道にテンプレートファイルを自分作って、CSS書いて。。。なんてやってたけど、今や最適化された便利なパッケージがたくさん出回ってるから、ホント便利になったもんだ。

      そうそう、長くストレス無くって、これからのキーワードだよね。めっちゃ同感!!!